シナリオ作成テクニック

外部ファイルから情報を取得し利用する「ユーザパラメータ」

2016/10/15

負荷テスト最中にロック待ちが大量に発生して困ったことがありました。理由を調べてみると、特定の商品ばかり利用していることが原因でした。特定の商品にトランザクションが集中し処理待ちが大量に発生していたのです。

商品や検索ワードなど、予め複数個用意して利用したい場合があります。そんなときは、外部ファイルに利用したワードを用意して、ユーザパラメータとして読み込みが可能です。

ユーザパラメータの設定方法

外部ファイルの用意

読み込む外部ファイルを用意します。

1行づつ読み込まれていくので、新規会員登録であれば利用するIDを1行づつ記載していきます。

ユーザパラメータの追加

「追加 > 設定エレメント > ユーザパラメータ」を追加します。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf

外部ファイルの読み込み設定

ユーザ定義変数に「名前」と「値」を記載していきます。

外部ファイル読み込み設定

外部ファイル読み込み設定

項目 概要
繰り返しごとに更新 チェックを入れると、ループごとに1行読むことになります。チェックがない場合、参照されるごとに行数が進みます
名前 読み込んだ内容を利用するための参照名です
名前に対する値を指定します。入力ファイルを読み込み場合は、次の書式で記載します。${_StringFromFile(入力ファイル名)}

読み込んだ内容の参照設定

読み込んだ内容の参照は、${名前}の形で行います。

一つのシナリオに複数の指定がある場合は、それごとに次の行の内容を読み込む動作になります。シナリオ中は行数を進めたくない場合は、「繰り返しごとに更新」にチェックを入れましょう。ループごとに行数が進むようになります。

外部ファイルの参照方法

外部ファイルの参照方法

-シナリオ作成テクニック