テスト実行テクニック

DNSのキャッシュ無効化(CDN利用時等に便利)

負荷試験をするときに、通信経路にCDNが入る場合があります。JMeterではデフォルトでDNSキャッシュを有効にしてしまうため、DNSキャッシュを無効にする必要があります。

※CDNは負荷状況に応じて返却するIPアドレスを変更し、負荷を均一に保というとします。そのため、JMeter側でDNS情報をキャッシュしてしまうと1か所のエッジに負荷が集中し、正常な負荷試験ができない場合があります。

JVM側で設定する場合

$JAVA_HOME/lib/security/java.security に下記を記述します。

項目 意味
networkaddress.cache.ttl -1 無制限でキャッシュ(デフォルト)
networkaddress.cache.ttl 0 キャッシュ無効

Jmeterの起動スクリプトで設定する場合

マスタのみの場合

起動コマンドに"-Dsun.net.inetaddr.ttl=0"を追加します。

マスタスレーブ構成の場合

スレーブの起動スクリプト(${JMETER_HOME}/bin/jmeter-server)に"-Dsun.net.inetaddr.ttl=0"を追加します。

-テスト実行テクニック