即戦力は3年もたない

 

「即戦力」といえば中途採用ということになるが、なかなか良い人材にめぐり合えない。
めぐり合ったとしてもすぐ辞めてしまう。そんな何故?が人事採用の歴史とともに書かれている本。
転職者としては耳が痛いことが多い・・・まずは他責をやめて人の意見を利きつつ熱意を持って仕事しよっ

■即戦力の罠
1)クレーム体質は再発する
2)前職の成功が成長を妨げる
3)社風とのミスマッチ

他責思考で、過去の栄光にすがるような自分に甘く向上心が低い人材はとるべきではない。
会社が違えば社風が違うのは当たり前で、前職と比較して批判や悪態をつくのはナンセンス。
時間をかけて理解し、改善すべきは改善するしかない。
何じゃこの会社ー!?と思っていた時期が私にもありました。。。

■中途人材の賞味期限
過去の経験を活かして3年間は与えられた業務を無難にこなしていたとしても、
それは過去の経験やスキルを活かしていただけに過ぎません。
そこから他の業務をこなすだけの能力を身につけたり成長できるか、ということは全くの別問題

採用側としては3年限定の有期雇用のつもりで割り切って採用することも有りかと思う。
採用される側は日々勉強し新しいものを追い続け成長していく必要がある。
3年後には貯金を使い果たして生活保護生活かも!?

■人材ポートフォリオ

これは面白そうなので別途勉強してみる

■成長意欲の3タイプ
1)のぞみ号タイプ ・・・ 最速で成長を望む
2)ひかり号タイプ ・・・ モチベーションがあがれば頑張る
3)こだま号タイプ ・・・ 無理をしない

のぞみでありたい。・・・けど、ひかりなんだと思う。

■部下育成のPDCA
PLAN ・・・ 本人の能力や意欲タイプを考慮し、適切な目標を与える
DO・CHECK・ACTION ・・・ 報告・連絡・相談をこまめにさせる。それに対してフィードバックとアドバイスをマメに行う
フィードバックのポイント
・タイムリーに行う
・質問を投げかけ、客観的に振り返れるようにする
・仕事をステップに分解し、事実ベースで良い点・悪い点を伝える
・成長意欲とタフさを見極める

これは気をつける

■良い人材
・職歴
20代に「仕事の基本」を徹底的に仕込まれている
30代に、売り上げや収益のマネジメントをチーム単位で経験している
40代に、30代のスケールを大きくしたより困難な仕事をどれだけやっているか
・性格の素直さ
・思考のやわらかさ
・情熱

出来ることからこつこつとするしかないね


即戦力は3年もたない 組織を強くする採用と人事 (角川oneテーマ21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。