レバレッジリーディング

 

本に書かれているデータから情報をピックアップし、知識へ変え、知恵に昇華させるための術がかかれている本

初めてビジネス書を読む人にお勧めです。

1冊の本を100%理解をするのではなく、多読に重点を置くところがポイント。

IT業界は空前の売り手市場です。
年収アップ、仕事の適正、スキルアップを望むなら、専門のエージェントに相談を
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>

解決したい課題や問題を絞り込む

まずは、自分が抱える課題や問題を絞り込むことが重要

課題や問題が明確になったら、読むべき本を絞り込み、入手し読んでいく。
その際、1冊だけとか限定せずにまとめて入手してしまったほうが良い。

必要と思う部分だけ読む

読む際は不要な部分は飛ばし、必要な部分のみを重点的に見る。
重要だと思えば、赤線を引きページを折り曲げすぐに情報へアクセスできるようにする。
途中でダメな本だと思えば、その場で捨てて次の本を読む。

メモに書き出す

読み終わったら、レバレッジメモに、重要な個所を抽出しそれを繰り返し読む

レバレッジメモをもとに、実践で試せるものは試していく

実践での経験をレバレッジメモへ反映させ、繰り返すことでレバレッジメモをブラッシュアップしていき身につける

それを続けることで、条件反射的に対応できるようになっていく

レバレッジリーディングのサイクル

自分の課題・目的を絞り込む

読むべき本を絞り込み、入手して、読む

重要なところに線を引く、印を付ける

レバレッジメモに要点を抽出し、繰り返し読む

実践で試す

レバレッジメモをブラッシュアップし、繰り返し読んで身につける

実践で条件反射的に対応できるようになる

 


レバレッジ・リーディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。