経営者の条件

 

「ところで、あなたは何をされていますか?」

この質問を受けた時に、どちらの回答をするだろうか?

  • 「xx部長」や「xxxの責任者」などの肩書きや地位
  • 「顧客が将来必要とする商品を考えています」などの貢献

貢献に焦点を合わせて成果をあげるためにはどうしたらよいか?その回答がこの本には書かれている。

IT業界は空前の売り手市場です。
年収アップ、仕事の適正、スキルアップを望むなら、専門のエージェントに相談を
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>

成果をあげるための、習慣的な能力

成果をあげるための、習慣的な能力は以下の5つ。

1)何に自分の時間が取られているかを知る。

残されたわずかな時間を体系的に管理する。

2)外の世界に対する貢献に焦点を合わせる。

仕事ではなく成果に精力を向けることである。「期待されている成果は何か」からスタートする。

3)強みを基盤にする。

自らの強み、上司、同僚、部下の強みの上に築くことである。弱みを基盤にしてはならない。すなわち出来ないことからスタートしてはならない。

4)優れた仕事が際立った成果をあげる領域に力を集中することである。

優先順位を決めそれを守るよう自らを強制することである。2番目にまわしたことは全く行ってはならない。

5)成果をあげるよう意思決定を行うことである。

決定とはつまるところ手順の問題である。そして、成果をあげる決定は合意ではなく異なる見解に基づいて行わなければならない。あれこれの戦術ではなく1つの正しい戦略である。


ドラッカー名著集1 経営者の条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。