どん底からの成功法則

 

ホームレスから社長になった著者が書いた本
絵に描いた餅ではなくて、現実的な経験談が多数かかれている。

■まず、真っ暗やみのどん底に膝をつき、地面の冷たさを知れ

●5年後を映した姿は、まさに今目の前、あなたに差し出された鏡の中にある

人は変身することはないと自覚すべき。今日の自分は今までの自分の積み重ね。5年後の自分は今からの自分の積み重ね。それ以上でもそれ以下でもない。それが現実。

■まずは「小さな欲」をとことん満たすことから始めよ

●小さい欲の実現を積み重ね、一つずつその要求の段階を上げていき、その結果知らないうちに高いゴールに近づいている

本郷猛は仮面ライダーに返信することでショッカーに勝つことができるが、実際には一気に変身することはできない。まずは一歩。地道な小さな一歩から進んでいこう。きっとそのうち仮面ライダーに負けないものになれるはず。

■「儲け方」ではなく、お金の「使い方」を必死に考えよ

●成功者は、お金の「儲け方」を知っているだけではなくその儲けたお金の「使い方」を知っている。

儲けることは手段であり目的ではないはずだ。お金に限らず物や恋人すべてに当てはまると思う。大事なのは、所持して満足するのではなく、所持したものをいかに楽しむかだ。

■小指の先ほども疑わないくらい信じきれる師匠を持つ

●求める人にはベストなタイミングで、その人にとって最も効果的なベストな人が現れる。

カラーバス効果なのか星に願いをということなのか自分の人生においても共感できることは多い。きっと見ようと思えば見えるし、見ようと思わなければ気づきもしないことが沢山あるのだと思う。

■分かれ道では絶対に、「得しそう」でなく「楽しそう」を選べ

●千円しかポケットに入っていない時に、それを楽しく使うことができる人のところに、人は集まってくる

なんかとってもわかる気がする。が、自分がそうであるかというとNoだと思うので見習いたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。